遺品整理 相場 口コミ

遺品整理を開始する時期について

 遺品整理を開始する時期について色々お考えがあるとは思いますが基本的にいつまでにと言ったような決まり事はありません。

 

しかし一般的にはやはり魂は四十九日の法要が終わるまで現世に居られるという考えから故人がまだ地上にいらっしゃる間は遺品整理は控えたい。そんなご家庭が多く見受けられます。

 

一日も早く遺品整理を行いたい

とは言え、住居の形態によっては一日も早く遺品整理を行わなくてはならないご家庭もおありでしょう。(賃貸住宅にお住まいで明け渡し時期が迫っている場合など)
なのでお急ぎで遺品整理を行わなければならない方には遺品整理業者に委託するのが最も早く確実な方法です。
その場合日本最大級の遺品整理業者検索サイトなどを利用するのが良いでしょう。

 

しかし、「まだそんな気持ちになれない」という方や持ち家で急いで片付ける必要がないという方であれば時間をかけてゆっくりと遺品整理をされるのが故人への供養につながるかもしれません。
そんな方は別ページで遺品整理をご自身で行う場合の手引きご紹介してますのでそちらをご覧ください。

 

思い出以外の品ものはできるだけ売ってしまおう

遺品整理は、ご遺族の方にとってはとても辛いものです。
自分の父親や母親、親族が亡くなってしまい、故人が愛用していたものを処分するというのは中々作業が進まない事でしょう。

 

とはいえ、相続税が発生するものに関しては10ヶ月以内には整理しなくてはなりません

故人がお亡くなりになってから10ヶ月以上経過してしまうと、相続税が発生するものに関しては、重加算税が発生してしまい、残された遺族のご負担となってしまいますので注意が必要です。

それ以外の持ち物。例えば
着物や装飾品、楽器やカメラ、オーディオ機器などのまだまだ利用価値のあるものに関しては思い切って売ってしまいましょう。
不謹慎に思う方もいらっしゃるかもしれませんが故人が日頃使っていたものが二度と日の目を見ないよりも、ほかの方が大事に使って下さるのであれば、それが供養にも繋がるのではないでしょうか?

 

お勧めの買取業者をいくつかご紹介しておきますのでご覧になって下さい。

 

◆着物の買取ならココがおすすめ
きもの買取はいつでもMAX査定の【ザ・ゴールド】

 


◆フィギュア、おもちゃ関係
おもちゃ・フィギュア・コレクションの買取なら買取専門店トレジャー

◆カメラ


◆オーディオ


◆楽器